ポケカ高騰情報|「ルギアV SA」今後の高騰予想~価格推移やメルカリ等の値段相場から値上がりを考察~

おすすめカード紹介

ポケモンカード拡張パック「パラダイムトリガー」では、「ルギアV SA」という人気のあるカードが収録されていて、高騰していることから注目を集めています。

「パラダイムトリガー」は人気パックですが、その注目カードの一つである「ルギアV SA」は度々値上がり情報が話題になっていて、今後さらに高騰するのか、今売るべきなのか気にしている人はそれなりにいると予想できます。

この記事では、そんな「ルギアV SA」の今後の高騰可能性の予想をしていきたいと思います。

また、「ルギアV SA」の初動価格、各カードショップでの販売価格、買取価格、メルカリやヤフオク等のフリマアプリでの値段相場、価格推移についても触れていきます。

「ルギアV SA」が気になるポケカコレクターやポケカ投資家の方々にとって絶対に参考になる内容をまとめていきますので、ぜひ最後まで読んでくださいね!

大高騰!?「ルギアV SA」の基本情報

高騰予想をする前に、最初に「ルギアV SA」の基本情報をまとめていきます。

「ルギアV SA」の基本情報
「ルギアV SA」

【性能】

HP    220

逃げエネ 2個

弱点 雷

抵抗力 

(わざ)「かぜよみ」 無色1

コインを2回投げ、オモテの数×40ダメージ。

(わざ)「エアロダイブ」 無色4

収録パック 拡張パック「パラダイムトリガー」

レアリティ 「SR(SA)」

封入率 約5%

「ルギアV SA」は拡張パック「パラダイムトリガー」に収録されている超目玉で高騰しているポケモンカード。

「パラダイムトリガー」の中でも大きく値上がりしていますし、注目カードの1枚といってもおかしくなく、封入率も約5%と低いレアカードなので、持っている人は大切にしましょう。

コレクションカードの保管用には、下で紹介するスリーブ、ローダー等のグッズがおすすめです。

created by Rinker
エポック(EPOCH)
¥318 (2024/05/21 06:02:13時点 Amazon調べ-詳細)

「ルギアV SA」のプレイ、コレクション、高騰評価

「ルギアV SA」をプレイ面、コレクション面、投資価値としての高騰可能性面から評価すると次のような感じ。

プレイ評価   ★★★☆☆

コレクション評価★★★★★

投資おすすめ度 ★★★★☆

「ルギアV SA」のプレイ面での評価はそこそこ高いものとなっています。

「ルギアV SA」は「ルギアVSTAR」の進化前のたねポケモンです。

「ルギアVSTAR」の技は、「ストームダイブ」と言うものです。

「ストームダイブ」は「のぞむなら、場に出ているスタジアムをトラッシュする。」と言う効果で、220ダメージを与える形になります。

スタジアムが邪魔な状況で使うとブッ刺さるワザで、しかも、220ダメージと言うそれなりの火力を出すことができます。

ただ弱点として、無色エネルギー4個必要と言う要求値の高さが挙げられます。

しかし、これをカバーすることができるのが、「アーケオス」と言うカードです。

「アーケオス」は、特製の「プライマルターボ」を使用することで、自分の山札から特殊エネルギーをを他のポケモンにつけることができます。

つまり、「アーケオス」を使用する事により、「ルギアVSTAR」に「ダブルターボエネルギー」などを加速することができるため、「ルギアVSTAR」のエネルギーの要求値が高いと言う弱点を補完することができるようです。

また、「ルギアVSTAR」は、VSTARパワー「アッセンブルスター」と言う特性を使うことによって、「自分の番に使える。自分のトラッシュから無色ポケモン(「ルールを持つポケモン」をのぞく)を2枚まで選び、ベンチに出す。」と言う効果を発動することができます。

これにより、「アーケオス」を場に出すことができ、「アーケオス」能力を加速することができると言うことを決めれます。

この動きがなかなか強く、ポケカバトルでも活躍する場面が多くあります。

実際にジムバトルなどのポケカバトルにおいて、「ルギアVSTAR デッキ」を使用して優勝する人もいる位、それなりに活躍しているカードになります。

そこまで使用率が高いわけではありませんが、ポケカバトルでもよく見かけるカードなので、「ルギアV SA」のプレイ面の評価はそれなりにあると言えるのです。

今後、さらにポケカバトルで活躍するようになると、プレイ需要によって、値上がりしていくことも十分考えられるカードです。

一方で、コレクションとしての評価はさらに高いものになります。

これは、「ルギアV SA」のイラストが非常にかっこよくて、話題が高いと言うところから文句のつけようのない評価になると言えるでしょう。

「ルギアV SA」は、イラストの良さに加えて、「ポケットモンスター金銀」から登場している伝説のポケモンと言うところで、キャラ人気の高さ、知名度の高さを兼ね備えています。

それゆえに、「ルギアV SA」登場すると発表され、イラストも公開された時点で、ポケカコレクターからかなりの話題を集める結果となりました。

そして、「ルギアV SA」は初動価格約50,000円と大高騰し、現在の相場でも約45,000円と他の多くのカードよりも値上がりしている状況にあります。

今後も、「ルギアV SA」は高い注目を集めたままになるでしょうから、さらに高騰することが期待されます。

特に、「パラダイムトリガー」が市場から見かけなくなると、そのタイミングで一気に値上がりをすると言う事まで想像ができるポテンシャルです。

「ルギアV SA」に期待していると言う人は、これ以上値上がりをして手が届かなくなる前に、高騰を見越して集めておくようにしましょう。

すでにルキアを持っていると言う人は、今後さらに高騰する可能性も十分あるので、売り時はまだ先になるかもしれません。

ただ、「パラダイムトリガー」は、しばらく販売されていくと思いますので、高騰を待っているとしても、長期的なホールドになるかもしれません。

そのため、今売るべきか、売り時はまだかと考えている人は、現時点で手放すと言うのも1つの選択肢だと思います。

(この記事で書いているのはあくまで高騰の予想であり、必ずしも値段が上がるわけではありません。)

created by Rinker
任天堂
¥800 (2024/05/21 00:02:28時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
任天堂
¥19,800 (2024/05/21 19:41:38時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
任天堂
¥17,800 (2024/05/21 20:08:13時点 Amazon調べ-詳細)

「ルギアV SA」の値段、相場(2023年2月時点)

「ルギアV SA」の初動価格や現在(2023年2月時点)の販売価格、買取価格などの値段の相場は次のような感じになっています。

  • 初動価格 約50,000円
  • 販売価格 約60,000円
  • 買取価格 約42,000円
  • フリマ相場 約45,000円

※フリマ相場はメルカリ、PayPayフリマ、ヤフオクなどを参考にしています(2023年2月時点)。

「ルギアV SA」の初動価格は約50,000円とここ最近登場したポケモンカードの中ではトップクラスに高騰したカードになります。

その後、少しだけ値下がりを起こしたこともありますが、現在まで値上がり状況をキープしているような価格にあります。

現在の相場は約45,000円と、初動価格ほどではありませんが、全体で見ても高騰をしている価格帯をキープしている状況です。

「ルギアV SA」は、かなりポテンシャルの高いカードであるため、今後も、値段が上がる事はあるでしょう。

少なくとも、大幅に値段を下げて、高額カードではなくなる事はあまり考えられません。

「ルギアV SA」の今後の高騰予想

「ルギアV SA」の今後の高騰予想をしていきます。(あくまで個人的な意見として読んでください)

「ルギアV SA」の値段が上がる可能性はかなり高く、大きな値上がりにもなり得るようなカードと予想されます。

「ルギアV SA」はすでに高騰した実績もあり、今後も値上がりしては、値下がりをして、という価格推移をしばらくは辿りそうですが、一気に値段が上がるタイミングも来そうなので、気になる人は購入しておいてもいいと思います。

「ルギアV SA」の高騰予想をするにあたり、参考となる要素はつぎのようなことでしょう。

  • イラストレーターはkawayooさん
  • イラストが大迫力でカッコいい
  • 人気の伝説のポケモン「ルギア」
  • キャラ知名度、人気度はいずれも高い
  • 拡張パック「パラダイムトリガー」に収録
  • 初動価格約50,000円
  • 初動価格から高騰後、値下がり中
  • プレイ需要もそこそこ高い

「ルギアV SA」のイラストレーターはkawayooさんです。

kawayooさんは「ルギアV SA」の他にも「アルセウスV SA」など高騰して高額カードとなったイラストを担当された経験もあります。

そして、「ルギアV SA」SAのイラストについて言うと、イラストの発表当初からポケカコレクターたちの中で大きな話題になるほど素晴らしい出来栄えだと思います。

伝説のポケモン「ルギアV SA」が大迫力で描かれており、全体的ダークな雰囲気で描かれているのが特徴です。

ひと目見ただけで、「ルギアV SA」のイラストに惚れた人もきっと多いことでしょう。

実際に、「ルギアV SA」は、そのイラストの良さがかなり話題になり、登場発表の時点で高騰必至のカードと予想されているした。

そしてそのとおりに登場してすぐ初動価格50,000円ととんでもなく大きな高騰を見せました。

その後現在は少し値段を下げている状況にはありますが、それでも45,000円と並みのカードでは考えられないほどの値段が付いています

拡張パック「パラダイムトリガー」に収録されているエリアですが、「ルギアV SA」がとてつもなく高騰したことから、「パラダイムトリガー」の人気は非常に高くなり、市場ではなかなか見かけないほど貴重なパックになってしまいました。

また、「ルギアV SA」がこれほどまでに高騰していることの要因の1つは、「ルギアV SA」と言うポケモンの人気の高さも影響していると思われます。

「ルギアV SA」は「ポケットモンスター金銀」に登場した伝説のポケモンで、昔からポケットモンスターシーズンをプレイしている人では知らないはずがないほど知名度が高く人気の高いポケモンです。

子供の頃に「劇場版ポケットモンスター ルギア爆誕」を見た思い出をある人も多いのではないでしょうか。

それだけにキャラクター人気とイラストの良さが相まってとてつもない高騰を見せているものだと推測されます。

現在、「ルギアV SA」は少し値段を下げている状態ではあるため、今後も高騰をするのか疑問に思っている人もいるかと思います。

しかし、これほどまでにイラストがよく話題にも上がったカードなので、値上がりのポテンシャルの高さは十分証明されていると思います。

現在の価格よりももう少し値段を下げるかもしれませんが、長期的に見ると、「パラダイムトリガー」が市場から消え去り、「ルギアV SA」の流通量が減ることで、さらなる高騰を見せるのではないかと予想されます。

短期的な投資には向かないかもしれませんが、長期的に値上がりを期待して少しずつ集めていくと言う所と言う所には向いているカードだと思います。

(この記事で書いているのはあくまで高騰の予想であり、必ずしも値段が上がるわけではありません。)

「ルギアV SA」を購入するには?

「ルギアV SA」を手に入れる方法としては次のようなものがあります。

「ルギアV SA」入手方法
  • メルカリ、ヤフオクなどのフリマアプリ
  • トレカショップ
  • オンラインショップ
  • 拡張パック「パラダイムトリガー」から排出

など

「ルギアV SA」の収録されている拡張パック「パラダイムトリガー」は人気がありなかなか購入できないパックですね。

「ルギアV SA」を手に入れるならメルカリやカードショップでシングル買いすることになるでしょう。

その場合には、「ルギアV SA」はコレクションとして評価が高いカードですので、コレクション用として購入するならカードの状態にはしっかりと気を配りましょう。

特にメルカリやヤフオクは同じ価格でもカードの状態面でかなり差があることが多いので、できれば現地のトレカショップで実物を見て購入するか、大手のトレカショップの通販で購入するのがおすすめです。

さいごに

今回は、「ルギアV SA」の初動価格、販売価格、買取価格、メルカリやヤフオク等のフリマアプリでの値段相場、価格推移に触れながら今後の高騰可能性の予想をまとめていきました。

「ルギアV SA」は今後、値段が上がることの期待はそれなりに高いですし、大きく高騰してもおかしく感じないほどの魅力的なポケモンカードです。

一時期は値段をさげていましたが、「パラダイムトリガー」が市場ではなかなか手に入らない状況で、「ルギアV SA」もその影響か、そこそこ値上がりして初動価格付近にまで回復しています。

今後も緩やかに高騰する可能性があるので「ルギアV SA」が気になっているという人は、一気に値上がりする前に早めに集めるのも一つの手ではありますね。

「パラダイムトリガー」が完全に市場から消え去ってしまうと、「ルギアV SA」の値段も一気に上がることが考えられます。

また、「ルギアV SA」を売るべきか、売り時を探している人は、今はそれなりに高騰した状態なので売り時と言えるかもしれません。

ただ、安定してそれなりの価格帯をキープしているので、また値上がりする可能性(しかも大きく値段が上がる可能性)もあり、もう少し待ってみてもいいかもしれませんね。

このブログでは他にも高騰しそうなカードを紹介したり、いろんなカードの高騰予想をしています。

今後値上がりしそうなカードを知りたいという方にとっては間違いなく参考になる記事がたくさんあるので、いろいろと見てもらえると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました